チャイナインポートマスタプログラム 株式会社Lustear 丸山直人 で稼ぐことはできる??

こんにちは。naruです。
今回はこちらの商品をレビューしていきます。

さて、ではしばしおつきあいください。

販売業者:株式会社Lustear
販売責任者:丸山直人
ホームページURL: http://maru01.com/info/cimp/
所在地:〒066-0057 北海道千歳市若草1-23-13
電話番号:0123-21-8950
メールアドレス:info@maru01.com(@は大文字表記に変えてご利用ください)

<免責事項>
当サイトにおいて記載している内容は、注意、確認を

徹底して行っておりますが、記事の内容によっては

情報が古いものである場合や間違っている場合がございます。

あくまで一つの参考としてとらえていただくことを目的としております。

よって、情報の正確性を必ずしも保証するものではありませんので、

あらかじめその点をご留意くださいませ。よろしくお願いいたします。

"<yoastmark

CIMP 株式会社Lustear 丸山直人 の口コミ

上海や広州などの沿岸部で、長く日本と取引をしてきた企業の中には、

日本製品と何ら変わらない品質でモノづくりをする工場もあり、

浙江省や安徽省など、やや内陸寄りの地域は、価格は安くても、 品質も悪いといった傾向があります。

そう言った事情が、分からないうちは、安易に輸入などに 手は出さない方が良い http://yumetokusin.seesaa.net/article/-ChinaImport-MasterPlan-.html

このツールは仕入れ値が安く一括で売れる商品の仕入れができることが
いい点だ。

国内仕入では大量の商品を仕入れづらいので、利益の高い商品リストを作ることに役立つ。

これまで中国輸入のデメリットとして送られてきた商品が違うといった不良品問題や、
言語の壁が取引の際に足かせになるといったことがあり、
初心者の参入を阻んできたが、
中国輸入代行業者ができてから、問題が起こった際でも対応しやすくなったので、

初心者も参入しやすくなったのは確かだ。https://afi-business.com/sedori-kotu-syosinsya/chuugoku-yunyuu-research-tuuru/

CIMP 株式会社Lustear 丸山直人 の実際のところ

この中国転売のノウハウですが、

少し検索すればこの値段を払わずとも、

検索して得られる情報もあると考えています。

現状、売られている時点でこのやり方を知っている人は
たくさんいるわけなので・・・

中国の通販サイトである「タオバオ」や、「アリババ」で売っているもので
日本で利益が取れそうなものを仕入れて売っていく手法です。

要は、“売れているものを真似して売ってみよう!”という感じです(^^;

これを「相乗り出品」といい、反対に

新しく出品ページを作って販売していく方法を「新規出品」といいます。

読んで字のごとくです。

この新規出品では
ターゲットを絞るために、

・年齢
・性別
・都道府県
・家族構成・・・・・というように、しっかりとしたリサーチで商品を販売する戦略を練るので、

時間がかかってくるというわけですが、

その点、「相乗り出品」は
リサーチ~仕入れ~販売の流れが早い
ので、

中国転売では、まずは

〇相乗り商品(マーケットプレイス出品)で利益を得つつ、やり方を覚える
〇慣れてきたら新規(オリジナルもの)などの商品にチャレンジをする

という流れがしんどくないのではと言われたりするわけですね。

ただ、
相乗りでまずコツをつかんでとはいっても、

『利益率もよく、よく売れている、しかもまだそんなに注目されてない・・・・』

そんな商品があったら速攻で仕入れて出品すると思うのですが、
要は、それをするのがあなただけではないという点です。

もともと、相乗り出品の手法自体が同じような商品をどんどん
売っていこうということなので、あなたも価格競争の渦中にどんどんはまっていく
ということは言えるわけです。

競合が増えた時にできる対応は、一つは価格を下げてAmazonからカートボックスを獲得する
こと以外に具体的に教えてもらえないと、
ちょっとお粗末ではないかなという気がします。

その他、気を付けたいこととして、
中国と言えば「模倣がとても好き」というところですね。

偽物が出まわっていることがめっちゃ多いです!!

それだけならまだしも、多いのはアニメのキャラクター商品、偽のブランドものなどであるにもかかわらず、異常に安いものです。

こういうものは、ほぼほぼコピー作品です。

利益が見込めると仕入れをしても、

結局は正規品ではないので、
商標権等の規約に抵触すると、
最悪はアカウント停止などにもなります。

これ怪しいな~という場合は、
きちんと元締めであるAmazonにお伺いをたてて、判断を仰ぐようにするのが賢明です。

実際に販売していくためのスキルを身に着けるまでは時間もかかると思いますが、

販売にこぎつけるにはまずは相乗り出品でも、価格の値動きを把握することが不可欠です。

それこそ、偽物を掴んでしまってからでは遅いですので。

CIMP 株式会社Lustear 丸山直人 のnaruの結論

長くなりましたが、

これから中国転売をしてみようと思う方なら
買ってみてもいいのではないかと思います。

最終的に自分がどれだけリサーチできるかにもなりますが、ある程度信頼のおける代行業者を
教えてもらえたり、根本的なノウハウを教えてくれる教材だと思うからです。

商品を輸入してAmazonに送れば
あとはFBAで
発送などの手間も代行でやってもらえますね。

ただ、FBAは楽ですが、費用がかかりますので、

手数料や成約量が最初から膨大にならないように
調節が必要です。

中国転売は偽物をつかまされたり、

いい商品にはライバルも集中するし、
それに、発注してから到着まで

どうしても時間がかかってしまうというような点はあります。

それに、
同じ商品に注目が集まりすぎることによって
本来取引されるはずの価格帯を大きく割り込み、最終的に赤字。。。というリスクも想定しつつ動く必要があります。

従来の中国転売では、言葉の壁を突破できず、
交渉時にきちんと必要なことを業者に言えなかったりして、

しぶしぶ折れたりしてしまうことも起こり得たと思います。

不良品があった場合や、欠品状態の時にいつ頃なら在庫が確保できそうかなど、

少なからず、対応を急ぎたいことが出てきた時などは不便ですよね。

そのあたり今回の商材では日本語での代行業者とのやりとりなので、心配はないというこですが、

実際に自分が目利きをして現地で輸入してくるものとは違うので、

その選定基準なんかはかなり細かく伝えて、情報共有は密にしておくことが大切です。

交渉事というものは、きちんと相手の主張も聞いたうえで自分の言い分も
伝えられることが大前提です。

中国輸入代行業者ができたからといって、そこに頼るばかりでなく、
ツールを有効活用させるためにも独自に気を付けることを見つける姿勢も大切です。

最後に

ここに来てくださった方は、
ネットビジネスに興味のある方がほとんどだと思います。

将来的にネットで得る副収入にならないかと、お考えの方も
いらっしゃると思います。ネットビジネスには希望がありますが、詐欺商材が多いです。
ほとんどがそうだといえます。自分も泣いてきた一人です。

でも、今の時代、本当に月収の2倍3倍稼ぐことを可能にしてくれるのもまた、
ネットビジネスだと僕は思っています。
僕はネットビジネスに出会えてよかったと思っている人間です。

今後私のように詐欺商材に泣く人が一人でも少なくなるように。
皆さんのお力になれるよう、これからも情報公開をしていく所存です。

商材についての相談などありましたら、ご連絡ください。
詐欺商材をなくすべく、業界の健全化の一助になりたいと思っています。

今回も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*