LINEステップ 株式会社マネクル 田窪洋士 で稼ぎは増やせるのか?

こんにちは。naruです。
今回はこちらの商品をレビューしていきます。

さて、ではしばしおつきあいください。

販売業者:株式会社マネクル
販売責任者:田窪洋士
ホームページURL:http://linestep.jp/infotop2/
所在地:大阪府堺市北区中百舌鳥町5丁811番地 宮前ビル2階
電話番号:072-230-4510
メールアドレス:info@maneql.co.jp(@は大文字表記に変えてご利用ください)

<免責事項>
当サイトにおいて記載している内容は、注意、確認を
徹底して行っておりますが、
記事の内容によっては
情報が古いものである場合や間違っている場合がございます。
あくまでひとつの参考としてとらえていただくことを目的としております。
よって、情報の正確性を必ずしも保証するものではありませんので、
あらかじめその点をご留意いただきますよう
お願いいたします。

田窪洋士
田窪洋士

LINEステップ 株式会社マネクル 田窪洋士 の口コミ

特に面白いと感じたのは、読者の興味や関心によって、読者に送るシナリオの内容を変えることができるという点です。

これによって、読者が興味のない内容は、そぎ落とすことができますし、読者の求める情報や商品、
サービスを提供できるようになりますね。こんな感じでシナリオ分岐が可能になります。

田窪洋士
田窪洋士

今後こういったシステムはメルマガ配信スタンドのように増えてきます。

というのも、僕も含めて友人や知り合いなど、ほとんどの人はメール離れをしています。僕自身、ビジネス以外で、メールを使いませんし連絡手段としては、LINEがほとんどです。

それは僕だけではなく、周りの人みんながそうなっています。そこから考えることができるのは、これからのアプローチの方法は変えていく必要があるということです。http://searchmanrektingexpo.com/?p=4036

結局はメッセージを読むかどうか、また開くかどうかは「その人のメッセージを読みたいかどうか次第」だと思うからです。 すでにネットビジネス系の大御所?と言われる人達の、特に派手にプロダクトローンチなどを行なっている人達はLINE@を導入しているようです。 僕も色々と試しに登録してみているのですが、既に色々なLINE@が届きすぎて目を通す気になれない状況です(笑) 結局のところ、僕は近いうちにLINE@もメールマガジンと同じようになっていくと思いますし、 LINE@配信スタンドだけでなく、むしろLINEに依存している限り、LINEが少しでも規約を変更 した場合には、 市場によってはLINE@が全く使えなくなってしまう可能性も普通にあり得ます。http://e-style01.com/?p=1229

LINEについても、メルマガと同じように 見込み客に「不要」と思われるような 無駄な情報を送っていては 10秒以内に「ブロック」されてしまい終わり ということに変わりはありません。 いえ、むしろLINEのほうが「プライベート」に近い分だけ 「不要」な情報を送りすぎることで「うるさい」 と思われて、ブロック率は高まっていくことになります。 だからこそ、「LINEの方が慎重に取り扱うべき媒体」であると言えます。 ハッキリ言えば「LINEのほうが、取扱は難しい」。https://ne0ne.com/?p=1169

 

LINEステップ 株式会社マネクル 田窪洋士 の実際のところ

○○○さまと、名前を入れてお礼メールと称した

メールの中で、アンケート形式でそのリストの方を振り分けていきます。

◆◆をやってみたいと思いますか?といった質問に対して、

回答方法はYES or NO で答えられるようになっています。

その回答によって、配信する順番を入れ替えたり、

興味のある内容に差し替えたりしていくのですね。

最終的には自社商品の紹介につなげることが狙いです。

紹介する商品情報に対する相手の興味を

できるだけ失わないように興味を引きながら

頻度を損なわずに配信していくという技をくりだしてきます。

要は、いかに相手に興味を抱かせて、

購買意欲を高めるか。。。に重きを置いたツールとなっているのですね。

そういう興味付さえできれば、

お客さんの方から

問い合わせが来るし、

何かのサービスを売るにしても、教材を売るにしても、
その内容を聴くために相手から行動をとってくるだろうし、、、

ということはわかります。

・・・・・全部自動化でできるツール。。。と言っていますね。

確かに、これでもかというくらい至れり尽くせりの
LINEの画面ですね。

興味がちょっとでもあればすぐにクリックして
その興味の対象にアクセスさせることが可能ですね。

誘導のしかたはとてもスマートだと思います。

そのそもLINEって、メールよりも
より親近感がわきますよね。

個別に返信したり、問い合わせに対応する機能まであるので、
返信して、個別対応していますよアピールもできるでしょうね。

ただ、
実際にそんなにLINE@に登録しますか?
ラインって、なんというか、メールよりももっとプライベートに近い
連絡ツール、、、という気がしてしまいます。

確かに開封率だけ見たらすごく成約率も高いし、
という統計ですけれど、登録するのってそれ自体そもそも手間ですよね。

でも登録するのは、そのLINE@に登録する時点で、その配信者に期待しているからです。
もしくは、気に入ってるからそうしているわけです。

そういう意味では、『誰がその内容を配信しているか』ということで
すでに勝負が決まっていると思います。

興味がなかったらブロックされて一発退場でしょう。

最近見かけるのは、自分のLINE@に登録させて、
バックエンドで高額な塾とか。セミナーとかの案内ですが、

こういうのはちょっとうっとうしいLINE@の内容だなと思うし、
即迷惑メールにしてゴミ箱行きです。

自分のところの商品に対しての販売についてなら今はOKと
だということでしょうね。

でも、
第三者の商品のための広告媒体としての使用は現行のルールでも
禁止されているんですね。

メルマガとはちがった形で今後このLINEステップが進化していった時、
何かのきっかけでアフィリエイトに類する行為が出てきたら、
その配信そのものも停止されることになるのではないかな~と、そんな風にも考えますね。

LINEステップ 株式会社マネクル 田窪洋士 のnaruの結論

あなたが、もしすでに何らかのビジネスをやっているなら
このツールはお勧めだと思います。

美容院をしているなら、お誕生日クーポンとか、

焼肉屋さんなら○○月間限定10%OFF とか、

LINE@ステップを登録してくれたら
ラーメン屋さんでトッピング1つおまけとか。

そういう使い方にはとても効果的でしょうし、いいと思います。

逆に、

・売り込みができる商品なし
・ユーザーに対する情報配信するための媒体(ブログなど)もない

という場合は、最初からこれを使うのはハードルが上がるかなと考えます。
そもそも読者を集める以前の問題ですものね。

まずは、集客媒体を準備していきましょうということですね。

あと、気を付けたいこととして、LINE@を使うにしても、
その時たまたま登録したのがピンポイントな内容に対する興味だったり、
クーポンとかだったりした場合、

そこまで興味を持たないユーザーに対しても
情報配信を続けることになってきます。

そうすると、そのユーザーにとっては興味がない情報になるわけで、
自分のさっきの例じゃないですが、そこで迷惑メールになることで、
さらに届きにくくなっていきます。

その内容を確実に届けるだけでなく、
確実に読まれるためにはどうするのがいいか。

記事の質やユーザーが読みたいと思うかどうかという視点が
大事なんだろうなと、僕も日々自戒しております^^;

最後に

ここに来てくださった方は、
ネットビジネスに興味のある方がほとんどだと思います。

将来的にネットで得る副収入にならないかと、お考えの方も
いらっしゃると思います。ネットビジネスには希望がありますが、詐欺商材が多いです。
ほとんどがそうだといえます。自分も泣てきた一人です。

でも、今の時代、本当に月収の2倍3倍稼ぐことを可能にしてくれるのもまた、
ネットビジネスだと僕は思っています。
僕はネットビジネスに出会えてよかったと思っている人間です。

今後私のように詐欺商材に泣く人が一人でも少なくなるように。
そういった皆さんのお力になれるよう、情報公開をしていきます。

今回も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*